IoTするならRaspberry Piを使えば良いと思うよ スタータキット「anyPi」

Raspberry, Pi

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  5. 皿とレンジがあれば良い スライスチーズでおつまみクッキング
  6. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 232

ごきげんよう

人工知能とともに最近はIoT(モノのインターネット)と呼ばれて色々な話題が出ています。
マシンが単体でインターネットに繋がることでセンサーから取得した画像や温度等の様々な情報を他のマシン間でやりとりし扱うもの。

例えば室内の複数の地点に人感センサーを設置しておいて、暗い夜の中で人が通ったときだけ明かりをつけるとうこともできます。
その時、1日に何度人が通過したのか、曜日によって異なるのか。といったことも取得出来ます。
最近渋谷に行ったら、交差点で人が座って何かを数えていました。
今後は画像認識の精度向上によってカウントも自動でできるかもしれませんね。それをIoTでネットを介してやり取りしてしまえば良いでしょう。
ある程度マシンそのものが判断し、通知もできるでしょうね。

まだまだ、IoTと言われて色々出てきていますがまだまだセンサーがある無しといった程度です。

Raspberry, Pi

そんな中、Raspberry Piと合わせる事で3Gデータ通信機能が行える「3GPi」があるそうです。

いくつかRaspberry Pi向けの通信ボードは出てきています。
今回もその中の1つと捉えられますが、違うのは「anyPi」というIoTスタータキットにまとめて出している点。
この「anyPi」は、Raspberry Piと「3GPi」を含めた必要な機器全てを同梱しており、「PiConsole I/F」という専用のインターフェースも付いています。
買ってすぐに試せる仕様。あとは使う方の創造力次第で何にでも変わります。
センサー類を取り付ければまさにIoTの機器として活躍することでしょう。

MechaTrax

ちょっとお値段が見えにくいですが、オンラインショップでは「3GPi」が買えるようです。
Raspberry Piは色々な方々が触っているからこそ、情報が蓄積されています。

気になったら行動してみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
anyPi(エニーパイ) – ラズベリーパイIoTスタータキット | メカトラックス株式会社

どこでも3分!ラズパイIoTスタータキット「anyPi」販売開始| IoT/M2M機器/Raspberry Pi用周辺機器-メカトラックス株式会社

IoT/M2M機器/Raspberry Pi用周辺機器-メカトラックス株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.