LTE使い放題は時間帯指定から時間保証へnuroモバイルの「5時間プラン」

Sony

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 213

ごきげんよう

LTE使い放題の話題が静まり、WiMAXは3日間制限を緩和している今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
LTE使い放題は現在は20GB/30GBの高速データ通信量のパックに形を変え、料金相応の品質になっています。
ただし、容量が決まっているからこそ月末の残り容量を気にするのが常。
私もスマホも家のネットも残り残量を気にしはじめるのが月末です。

大容量のデータをダウンロードしたりYouTubeで動画を見ようとすると気がつけば通信量を使い切っている事があって辛いですね。

以前は時間帯指定がありましたが、夜の遅い時間であり人々が使わないタイミングということで一定の需要がありました。

人間、起きているのは昼間なのでその時間帯で使いたい、どうにかならんものでしょうか。

Sony

そんな中、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、LTE通信サービス「nuroモバイル」で、「5時間プラン」の提供を開始しています。

この「5時間プラン」とは名前の通り「1日5時間まで高速通信が可能なプラン」です。

時間帯が指定されているわけではなく1日のうちで5時間まで高速通信が可能になっています。
これはシステム側で高速通信となるべき通信を検知し、その分だけ高速通信時間としてカウントされます。

利用者によってON/OFFのような切り替えはなく自動的に判定してくれるので精神的にも良いです。
また、5時間の高速通信を使い切っても低速通信でそのまま使い続けられます。
このプランはデータ量ではなく高速通信できる時間なので実際にどのくらい通信できるかは使ってみないと分かりません。

面白いプランですが、多くのユーザーが使うタイミングが重なると速度面でどうなるか心配だなと思います。

気になる方はどうぞ。

それでは ごきげんよう

source:
「nuroモバイル」、3つの機能が新登場| お知らせ | ソニーネットワークコミュニケーションズ会社情報

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.