全国の郵便局で格安スマホが IIJの格安スマホ戦略

Post, Office

今日の人気記事

  1. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  6. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  7. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. チェリオの無糖 ブルースコーヒーブラックを飲んでみた
この記事の読了時間: 28

ごきげんよう

格安スマホや格安SIMの販売場所はネットから実店舗へ広がっています。
既に実店舗展開をしている家電量販店や別の小売業をしている企業。
また、これまで大手携帯キャリアを扱っていたショップが新たに格安スマホをラインナップに加えるなど。

格安スマホを何処で買うか、選択肢の多さと分からなさが広がっている気がします。
やはり実際に話をして納得して買いたい。ネットで買うのはちょっとという人たちもいますね。
独自のカウンターを家電量販店に設けて売り込んでいるところもあります。

さて、このまま家電量販店や携帯ショップが格安スマホの実店舗として広がっていくのでしょうか。

Post, Office

そんな中、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する「IIJmioモバイルサービス」とスマートフォンをセットにした商品の取り扱い郵便局を2017年2月24日から全都道府県にすると発表しています。

この取り扱いは2016年8月の東海地方郵便局からスタートしています。
その後、北海道、関東、南関東、近畿に拡大。今回沖縄を含めた全都道府県に拡大しました。
今回も端末は「arrows M03」が対象のようです。

近くに特定の家電量販店しかないといった場合でも新たな格安スマホの選択肢になります。
いままでリーチできなかった人たちへ格安スマホを知ってもらい、この業界を活性化させる。

お値段も端末込みで月々2,980円と落ち着いていて手を出しやすいと思います。
大手携帯キャリアとの違いがどう見えてくるのか。
格安スマホを普及させるには今までとは全く別の手法を取らなければならないのかもしれません。

それでは ごきげんよう

source:
「IIJmioモバイルサービス」とSIMロックフリー端末をセットにしたIIJmioの格安スマホの取り扱い郵便局を全国に拡大 | 2017年 | IIJ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.