Windows 10 MobileからAndroidへ NuAns NEO [Reloaded]

Android

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 21

ごきげんよう

スマートフォンの話題といえばiPhone、Android端末がメインになってしまいましたね。
多くのドコモ系、au系、ソフトバンク系のMVNOがそれぞれ独自もしくは調達した端末を売っています。
そうなるとWindows系のスマートフォンはどこへ行ったのかしら。

Windows 10 Mobile搭載のスマートフォンが去年頭あたりに色々出ていましたね。
3OSによるシェア争いでも起きるかなと思ったんですが。
しかし、一年経ってどうなったでしょうか。
相変わらずiPhone人気は強いし、Android端末は種類も取り扱う店舗増えてます。
巨大なアプリストアや端末に紐づくサービスがその強さを発揮しているのかもしれません。

Android

そんな中、トリニティ株式会社がAndroid搭載スマートフォン「NuAns NEO [Reloaded](ニュアンスネオリローデッド)」を発表しています。
2017年5月より出荷とのこと。

この「NuAns NEO」はもともとWindows 10 Mobile対応のSIMフリースマートフォンで複数種類から選べるスマホ本体カバーや手帳スタイルのケースがあって計72パターンのカスタマイズが可能な端末でした。
おしゃれに楽しむなら良い端末ですね。

しかし、前述の通りWindows 10 Mobile系はあまり良い状態じゃないためAndroid端末として復活です。

今回の特徴として最新のAndroid 7を搭載しつつ指紋認証センサーやおサイフケータイ対応という日本仕様になっている点。
また、防塵防滴仕様と大手携帯キャリアが扱ってきた日本メーカー端末では馴染みある仕様が叩き込まれてます。
細かい対応未対応は分かりませんが回線は大手キャリアすべてで使えるようなので安心です。

Reloadedという形で再び出てきましたが、内容がSIMフリースマートフォンにしては攻めてる内容なので
新たな端末の選択肢として良さそうですね。

それでは ごきげんよう

source:
すべてが新しい。すべてをこれひとつで。― 約700通りのカスタマイズが個性を演出する、NuAnsのAndroid搭載 スマートフォン「NuAns NEO [Reloaded] (ニュアンス・ネオ・リローデッド)」発表 | トリニティ株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.