FREETELからどのキャリア・MVNOでも使える音声通話定額「だれでもカケホーダイ」

Call

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 147

ごきげんよう

皆さん電話してますか?
私はもっぱらメッセージアプリでテキストで連絡してますね。
音声通話だと相手と自分のどちらも一定の時間を確保しないと駄目ですからね。

大手携帯キャリアやMVNO各社は音声通話定額に力を入れています。
完全な通話し放題から5分、10分定額など色々です。
ほとんどはそのサービスを持つ企業の音声通話プランなどを契約していないと使えません。
自社サービスを使っているユーザーに対してのオプション的なものですね。

MVNOもLTE使い放題の後はこの音声定額オプションにシフトしていったように感じられます。
しかし、分散した音声定額は何時か集約するのでしょうか。

Call

そんな中、FREETEL(プラスワン・マーケティング株式会社)はFREETEL SIM契約のユーザーだけでなくドコモ、ソフトバンク、au、MVNO各社を契約しているユーザーも利用できる「だれでもカケホーダイ」を提供開始しています。

既にある「FREETELでんわ」をリニューアルする形でだれでも使えるかけ放題アプリ化したというもの。

・1分かけ放題 299円 / 月
・5分かけ放題 840円 / 月
・10分かけ放題 1,499円 / 月

の3つからプランを選べます。なかなか良い値段設定ですね。
この他に月額料金は不要で常に通話料が半額になる「いつでも半額」も選べます。
また、海外36か国に30秒 / 10円で電話出来るようにしています。

端末も通信回線も担当するオールマイティな企業ですが、これはもう大手携帯キャリアを脅かす存在になってきている気がします。
独自で突き進むこの企業はどこへたどり着くのでしょうか。

今回のプランでMVNOでの音声通話プランの利用がこれで増えるかもしれません。
まだまだ気になるこの界隈といったところです。

それでは ごきげんよう

source:
全SIM対応 電話かけ放題アプリ「だれでもカケホーダイ」提供開始!299円/月から | FREETEL(フリーテル)

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.