アナタが変われば世界も変わる 消費カロリーを寄付に変える「Charity Diet」

Run

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 150

ごきげんよう

気がついたら体に付いてしまった贅肉。気になりませんか?
最近はぽっちゃりブームということでふくよかな女性や男性に人気があるようですが、心筋梗塞などにならないよう運動して注意したい所ですよね。

また、幸せになると太りやすくなるらしいので幸せ太りに困っている方々も居るかもしれません。
飽食の時代。なんでも手に入り、カロリーも過多になりやすい状況を変えられないものでしょうか。

そういえば、三日坊主を防止して色々やるためのアプリもありましたね。現在はA10 Lab株式会社がやっているようです。
これでダイエットする人も中には居るかもしれません。

Run

そんな中、特定非営利活動法人 メタボランティアがCharity Diet(チャリティー・ダイエット)というスマホアプリを発表しています。
対応OSは分かりませんが、運動の消費カロリーを専用のアプリに取り込むだけで社会貢献活動に寄付できるというもの。
パートナーアプリと連携させることが出来るようで、消費カロリーを寄付に変換出来ます。
利用は無料で参加団体への寄付は協賛各社の協力にて行うようですが「特別協賛」を除けば協賛枠は準備中のようです。

「2017年春よりテストサービス開始」とあるので今後動き出すのでしょう。
NPOなので継続的な試みとして続けられるのか気になりますが、協賛次第といった所でしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
チャリティー・アプリ「Charity Diet」|メタボランティア

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.