武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみた

musasiseika_201701

ごきげんよう

今回は、武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみました。

1. 団子·柏餅 うぐいす餅とは

武蔵製菓の商品で公式サイトに商品紹介が無いくらいに影の薄さを感じますが、「栄養成分・アレルギー情報」にはなんとか残っています。
小さなつぶあんの柏餅にこしあん入りうぐいす餅とみたらし団子というおやつかデザートとして豪華に感じる品です。
因みに、この会社は東京都立川市に本社があり、群馬に工場があるようです。

2. 実際に食べてみた

musasiseika_201701

柏餅はつぶあんで小さいながらも適度な大きさです。
舌に残るつぶあん感。後に残るは葉だけでございます。
通常の柏餅に比べれば小さいですがこれから迫るうぐいす餅と団子を考えれば適度な大きさです。

次はうぐいす餅はこしあんで滑らか。
本体は意外と重いです。周りの柔らかい餅との対比でこしあんの固さがありますね。

重量級こしあん。
故に持っていると重力に逆らえず落ちそうになる。
一口で食べない場合はきな粉が散るため注意。被害を最小限にします。

最後はみたらし団子。自家製みたらしタレだそうです。
やはり団子、されど団子。
製品の半分を占める団子の存在感と甘さが人を虜にする。
長く愛されるとうことは長く人を虜にしているということでしょうか。

3. 最後に

今回は、武蔵製菓の団子·柏餅 うぐいす餅を食べてみました。
和菓子三種で、一度に全てを一人で食べると想定された設計なのか気になりますが、私は食べました。
うぐいす餅はベストヒットでした。
もし皆さんこちらのうぐいす餅に遭遇しましたら重量級こしあんの感じを肌で感じていただければと思います。

それでは ごきげんよう

source:
武蔵製菓
武蔵製菓 栄養成分・アレルギー情報

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら



The following two tabs change content below.