今月はあといくら使える?Evernoteで引き算の家計簿をつけてみた

Bank
この記事の読了時間: 336

ごきげんよう

今回は、Evernoteで引き算の家計簿をつけてみたので残しておく。

1. Evernoteで家計簿

Evernoteで家計簿は、過去にやったことがある。

ただ、これは1日単位でノートを作成して支出の足し算をどんどんしていくスタイルなので全体像が見えにくくなっていた。
そう、収入と支出のバランスが見えにくい。

なので、今回は足し算ではなく引き算を用いたEvernoteの家計簿をつけてみた。

2. 年単位の家計簿ノートの作成

前回は1日単位の家計簿ノートだが、今回は長期的なものなので年単位のノートを作成する。
例えば、「家計簿2017年」としてノートを作成。今後のことを考えてノートブックも「家計簿」としておいた方が良いだろう。

2.1 家計簿ノートの書き方

ノートのタイトルが決まったら次はノートの中身だ。
まずは月の予算を決定しよう。月にどのくらいまで使って良いかの金額である。
これは収入によってしまうと思うが、取り敢えず例として月5万円とする。
この金額を月の残金とする。

あとは下記のように月単位で記載し、お金を使用した際に金額を引き算していく。
これはスマホで電卓アプリを使いながらリアルタイムに対応していけば良い。

————————
■5月(月予算:50000円)
5000円Suicaチャージ
680円昼食
500円昼食
120円飲み物
30000円クレジットカード支払い
残金:13700円
————————

Bank

2.2 家計簿ノートの注意点

日々家計簿を記載する中で、突然の出費があって月の予算を超える事もあるのでその場合は残金をマイナスにする。
マイナスになった分は翌月の予算から減額しておく。
例えば年1回の支払いなど定期的なものがあるのと思うので、月払いならだいたいどのくらいかを把握して月の予算を調整しよう。

現金のみなら、残金を確認して月末までどのように過ごすかを考える事ができるが、クレジットカードを使っている場合は月に1回明細書が届くのでそれも残金から引き算する。

クレジットカードでなんでもかんでも購入していると、月の予算を軽々と超える可能性がある。

こちらの記事にも書いたが、クレジットカードの使いすぎには「今月どのくらい使ったか」をおおまかにでも把握する事で対処可能である。
月の収入に対して、支出がマイナスにならないようにご注意頂きたい。

月末時点で残金がプラスの状態なら、余ったお金は銀行口座などに入れておいて、もしもの時に使おう。

3. 最後に

今回は、Evernoteで引き算の家計簿をつけてみたので残してみた。
いちいち金額を付ける点は面倒と思えるが、支出の全体像を見るためにやってみる価値はある。

皆さんも、各自扱いやすい形で家計簿をはじめてみてはいかがだろうか。

それでは ごきげんよう

source:
思いついたことを簡単に記録できます。 | Evernote

今日の人気記事

  1. NHKの受信契約をしているのに受信契約お願いの封筒が投函された件について話したい
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  5. Table of Contents Plusの目次遷移先表示がずれていたので修正してみた
  6. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  7. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  8. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  9. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.