ソフトバンクのiPhoneを安く使いたいならb-mobile S スマホ電話SIMもありかもね

IPhone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  6. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  7. 炭酸で紅茶を感じる ウィルキンソン タンサン ティーを飲んでみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 224

ごきげんよう

日本のiPhoneってソフトバンクから出てから一気に広がって、スマホの半数がiPhoneですよね。
他の国に比べると割合が高めです。もちろんドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアは取り扱いしてますし、格安SIMを扱うMVNO各社でも扱う所があります。
ただ、端末は同じにしたいけどもっとお安く使いたいと思う方も居るでしょう。
そんな方々がMVNOに流れますがソフトバンク系は長らくMVNOがあまり入り込んでいませんでした。

やっと今年になり、日本通信が「b-mobile S 開幕SIM」、U-NEXTが「U-mobile S」でiPhone/iPad向けデータ通信専用で使えるようになりました。
そうまだ音声通話が出来ないんですよ。ドコモもauも色々MVNOが居るのにという状態です。

IPhone

そんな中、日本通信がソフトバンクのiPhone向けに音声通話付きのb-mobile S スマホ電話SIMを提供しています。

対象端末はiPhone 5以降のもの。
SIMロックがかかっていても番号そのまま使えますし、専用アプリを使えば最初から5分かけ放題になってます。
データ通信は使用した量によって全体のお値段が変わり、1GBで2,450円から5GBで3,850円まで。
5GB以降は最大200kbpsで使い放題になっています。とはいえ、他のMVNOと同様に低速時(200kbps)に直近3日間で360MB程度使ったら速度制限の可能性ありです。

※月額基本料の課金額にかかわらず、各料金月の初日に3,618円(月額基本料の上限金額)およびユニバーサルサービス料をクレジットカードの与信枠に設定します。与信枠の設定ができない場合は本商品の利用を停止しますので注意ください。

因みに注意事項として上記も記載されていたので気になる方はご注意ください。

これでソフトバンク系MVNOが更に扱いやすくなりましたね。ただ、テザリングは利用できないみたいです。
3大キャリアから抜け出して安く使おうと思う方はそれぞれサービスを見て選びましょう。

それでは ごきげんよう

source:
b-mobile S 音声通話SIM ソフトバンクネットワーク対応

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.