益子陶器市で朝そばを 友蕎庵(鈴木そば製粉所)で新そばを食べてみた

yuukyouan_201701
この記事の読了時間: 231

ごきげんよう

今回は、益子陶器市の友蕎庵(鈴木そば製粉所)で新そばを食べてみたので残しておきます。

1. 友蕎庵(鈴木そば製粉所)とは

友蕎庵は益子陶器市に出店しているそばが食べられるお店。
陶器市のメインストリートとなる城内坂入り口付近、日下田藍染工房の近くです。
ここは陶器ギャラリー陶庫の駐車場なのですが、陶器市の際はここに出店しています。
朝は人が少ないのですが、昼になれば行列は当たり前の人気店です。

こちらの鈴木そば製粉所は、自分たちで「そば生産・製粉・販売」まで一貫して実施しており、そば粉を販売しています。
内閣総理大臣賞など複数の賞を受賞しており、今回は「益子の新そば」として推してます。

2. 実際に食べてみた

yuukyouan_201701

以前陶器市を訪れた際は昼の人の多さに食べることを諦めましたが、今回は敢えて朝から行ってみました。
朝そばです。

私が訪れたのは朝9時ごろ。
他のお店でも凝った料理は昼に近づいてからなので、そばかモーニングかで悩みましょう。

前回はモーニングなので今回はそばです。

お店を訪れると前面でそばを打ってます。
秋だからか新そばですね。

目の前でそばが出来上がるので、高まる期待を抑えられません。
その横をすり抜け、お品書きから食べたいものを選びます。

今回は「十割 鴨汁」を選びました。
因みに十割じゃないものもありますし、大盛りにも変更できます。
流石、目の前でそばを打っているだけはあります。

お金を支払い、食券をゲット。
それをすぐ隣の受取口で渡します。

yuukyouan_201702

こちらが「十割 鴨汁」です。
もちろん器は益子焼で良い色出してます。

温かい鴨汁の美味しい香りが漂います。
口の中に香りが広がって、そばの味も良いです。
冷たいそばと温かい鴨汁の良い組み合わせ。

yuukyouan_201703

もちろん、そば湯もどうぞ。
ささっと食べて陶器を見にいきましょう。
陶器市ですから。

3. 最後に

今回は、益子陶器市の友蕎庵(鈴木そば製粉所)で新そばを食べてみたので残してみました。
昼だと人が多いですが、朝だと人が少なくておすすめです。

朝そばで新そばはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
(有)鈴木そば製粉所 – 栃木県芳賀郡益子町/そば粉

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら