とちおとめ、スカイベリーに続く次の栃木のいちごは白いぞ

aguri_ichigo_201705

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  10. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
この記事の読了時間: 26

ごきげんよう

とちおとめ、スカイベリーに続く次の栃木のいちごが白いそうなのでまとめておく。

1. 栃木の白いちご「栃木iW1号」とは

とちおとめ、スカイベリーと市場に投入してきましたいちご王国栃木ですが、このタイミングで新たないちごの新品種を発表しています。
いちご王国感が出ています。かなり出てます。

いちご王国 プロモーション

今回のいちごはこれまでのいちごのイメージを変える白いちご「栃木iW1号」。
既に農林水産省に品種登録出願を行ったようでブランド名も募集しています。
一般的な販売は2020年度以降だそうです。

aguri_ichigo_201705

2. わたしが考えたこと

スカイベリーは誰かに送りたくなるいちごですが、今回はとちおとめと同じ方向に進みそうですね。

とちおとめ、とちひめ、スカイベリーと食べてきましたが、今回の品種はとちおとめとセットで販売できそうです。
紅白のいちごですよ。縁起が良いものが生まれそうです。

【品種の特徴】
1)果実が白く、外観品質が優れます。
2)酸味が少ないため甘さが際立ち、食感は他の品種に比べてまろやかです。
3)果実が大きく、「とちおとめ」よりも収量性に優れます。

「とちおとめ」よりも収量性に優れているということで作る側としては良さそう。
まだブランド名も決まってないですし、市場に出回るのは先ですが、甘く美味しいいちごをお待ちしております。

3. 最後に

とちおとめ、スカイベリーに続く次の栃木のいちごが白いそうなのでまとめておきました。
白いちごです。いちご王国感が出てます。
これでしっかり鮮度を保って海外に輸出できれば面白いこと起きそうです。

それでは ごきげんよう

source:
栃木県/いちご新品種「栃木iW1号」の育成とブランド名の募集について

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>