「はこぽす」のその先へ 楽天が全国約2万局の郵便局で受け取りサービスをはじめる

Box

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 233

ごきげんよう

今回は、楽天が全国約2万局の郵便局で受け取りサービスをはじめたのでまとめておきます。

1. 「楽天市場」の商品受け取り拠点が拡充

楽天は、日本郵便と連携することで「楽天市場」の商品を全国約2万局の郵便局で受け取ることのできるサービスを開始しています。

・受取可能郵便局:一部を除く全国約2万局の郵便局窓口
・受取可能期間:ご指定いただいた郵便局に商品到着後7日まで
・ご利用方法詳細

ステップ1:購入手続きの「注文確認ステップ」にて、配送方法として「郵便局受取」を選択
ステップ2:地図に表示される郵便局からご希望の郵便局を選択
ステップ3:選択した郵便局に購入した商品が到着後、「楽天市場」より受取用のお問合わせ番号と認証番号が記載されたお知らせメールと商品が到着した旨をお知らせする楽天市場アプリのプッシュ通知が届きます
ステップ4:選択した郵便局へ行き、お知らせメールに記載されたお問い合わせ番号と認証番号を窓口に見せ、商品を受け取る

Box

2. わたしが考えたこと

過去に日本郵便と宅配ロッカー「はこぽす」をしていましたが、その次の手といったところでしょうか。

全国に広げるには宅配ロッカーよりもそもそもの日本郵便の場所を借りてしまったほうが早いというもの。
楽天市場アプリとの連携も行うので結果として便利になりつつ、全国で使えるようになったということでしょう。
EC物流における不在再配達比率の低減をしたいとのことなので、どんどん進めれば「このネットショッピングサイトがあるから配達業者は疲弊するんだ」なんて言われにくくなるでしょう。
我々だってなんとかしたいんだよ感が感じられます。

なんでも便利にネットで買えるからこそ、荷物は増加し、配達業者側の値上げが起きています。
値上げの影響を抑えつつ、全体的にみんなハッピーになれれば良いですね。

3. 最後に

今回は、楽天が全国約2万局の郵便局で受け取りサービスをはじめたのでまとめておきました。
楽だけど、その間に動いてくれている人たちがいる。
そう思えば、家に待っていなくても、何かのついでに郵便局から荷物を受取る。
そんな生活も増えてくるかもしれませんよ。

それでは ごきげんよう

source:
楽天、日本郵便と連携し、全国約2万局の郵便局で受取サービスを開始 | 楽天株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.