ブルボンのおしゃれなSACRIS(サクリス)を食べてみた

sacris_201801
この記事の読了時間: 221

ごきげんよう

今回は、ブルボンのおしゃれなSACRIS(サクリス)を食べてみました。

1. SACRIS(サクリス)とは

株式会社ブルボンの商品で公式サイト上では「エクセレントスイーツシリーズ」というものです。
シリーズ名がなんておしゃれなんでしょう。

発酵バターを使ったスティック状のバターパイで、「オシャレにひねって焼きあげました。」という文言がグッときます。

お値段がちょっと他のお菓子よりは高めな気がしますが買ってみました。

2. 実際に食べてみた

sacris_201801

パッケージを始めてみた時、「SACRIFICE(サクリファイス)」と空目しました。文字列が途中まで同じなので許してください。
「贅沢フィユタージュ」と書かれており、フィユタージュはお菓子系の用語らしく「折り込みパイ生地」だそうです。
生地をひねっているのでそういうことでしょう。

sacris_201802

「ひねる」にオシャレか否かがあるかと、自ら言うのはどうかという複数の気になる点がありますが、お菓子にも夢を見たいというユーザー層へ向けてかもしれません。
これがシャレオツという事でしょうか。
因みに競合製品との違いを出したり、自らの欠点を隠すために夢のある言葉を並べるのは他業界でもあるのでそういうことかもしれません。

sacris_201803

個包装されてます。
ルマンドやバームロールといったスティック型を出しているブルボンなのでこちらもスティック型ということでしょう。
食べる前から色々気になって仕方がありません。

sacris_201804

開封すると説明の通りひねられています。

一口食べて感じるサクサク、パイ感。
確かにひねることでサクサク感が他のお菓子とは異なる気がします。
そして、パイ生地なのでなんとも他社のなんとかパイを思い出してしまうのは仕方無さそうです。

一個のボリュームがあるので、一個か二個食べれば満足できます。
こんなときは個包装だと助かりますね。

原材料名は、小麦粉、マーガリン(植物油脂、バター、砂糖、乳等を主要原料とする食品、食塩、乳清、クリーム(乳成分を含む))、砂糖、加糖練乳、バターシーズニング(乳成分を含む)、食塩、植物油脂など。

植物油脂や砂糖、食塩が2回出てきたり、マーガリンの中にバターが出てきたりと気になる所です。
内容量は9本ですね。

3. 最後に

今回は、ブルボンのおしゃれなSACRIS(サクリス)を食べてみました。
お値段に対して、満足感が得られるかですが。
たまになら良いとしても定期的な購入は微妙ですね。
経験しといて良い味だと思いました。

それでは ごきげんよう

source:
ブルボン ビスケットシリーズ|ブルボン

サクリス 商品情報 | ブルボン

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら