ケイ・オプティコムの日経電子版+SIMにau回線追加 サービスもマルチキャリア化

News, Paper

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 217

ごきげんよう

今回は、ケイ・オプティコムの日経電子版+SIMにau回線追加されたようなのでまとめておく。

1. 日経電子版+SIM

ケイ・オプティコムが2017年3月1日から提供している日本経済新聞社が提供する日経電子版とデータ通信をパッケージにしたもの。
今回、2018年3月29日からau回線を利用したAプランの提供を開始しています。

これらはモバイルサービス「+SIM(プラスシム)」として提供してますが、一年越しのNTTドコモ回線(Dプラン)に追加のau回線(Aプラン)です。
提供サービスもマルチキャリア化となりました。
キャンペーンを除けば基本同じ値段ですが、デュアルタイプと呼ばれる「データ通信+音声通信」はDプランよりもAプランのほうが90円安く設定されています。
どちらの回線も使えるならAプランのほうがちょっと安いという。

2. わたしが考えたこと

News, Paper

「日経電子の版」と昨年はCMで流れていましたが、その頃に出てきたのがこの「日経電子版+SIM」。
SIMカードとセットにすることで後は端末さえあれば使えます。
普段持ち歩くタブレットで使えば何時でも日経電子版が読めるという。
そこで今回のNTTドコモ回線(Dプラン)に追加のau回線(Aプラン)。

タブレットもiPadであればSIMフリーで対応していたりSIMロック解除すれば良いといったものでしょう。
かさばる紙の新聞よりもぱっと手に取れて空いた時間に読める電子版はこういったMVNO通信サービス(LTE通信だと格安SIMとか言われる)との相性が良いと思います。

新年度なのでこの機会に調べてみてはいかがでしょうか。

3. 最後に

今回は、ケイ・オプティコムの日経電子版+SIMにau回線追加されたようなのでまとめてみました。
au回線が追加されたものの、+SIMって日経電子版以外に何かあっただろうか。

それでは ごきげんよう

source:
日経電子版+SIM au回線を利用したプランも提供開始!|プレスリリース|ケイ・オプティコム

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.