炭酸にも微糖を 三ツ矢グリーンスパークリングウォーターを飲んでみた

green_sparkling_water_201801

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 143

ごきげんよう

今回は、三ツ矢グリーンスパークリングウォーターを飲んでみました。

1. 三ツ矢グリーンスパークリングウォーターとは

アサヒ飲料株式会社が発売した三ツ矢ブランドの炭酸飲料です。
グリーン系のクールライムの香りを用いており、炭酸飲料としてはなかなか聞かない微糖となっています。

炭酸水は無糖、今回の炭酸飲料は微糖。
無糖の炭酸水が溢れる昨今に対しての新たな動きでしょうか。

2. 実際に飲んでみた

green_sparkling_water_201801

見た目がこれまでの三ツ矢ブランドの炭酸飲料のパッケージとはちょっと違ってオシャレ爽やか系ですね。
いや、三ツ矢サイダーが爽やか系なだけでオシャレ感が追加されたというお話です。

開栓時に軽快な音とともに広がるライム感。
一口飲んで感じるライム味、適度な苦味が口の中に広がり、爽やかな気分になれます。
ビターというほどの苦味ではないので、苦さが苦手な方でも楽しめるかと思います。
ライム味なので、なんというか味に草っぽい感じもなく爽やかさが出ています。

原材料名は、砂糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、香料、酸味料、甘味料(アセスルファムK)。

無果汁で内容量460mlです。
見た目スリムなボトルですが、内容量がちょっと少ない。
ゴクゴク飲める系の飲料として500ml以上にしてほしかったなと思うところ。
そろそろ炭酸飲料や炭酸水でも500mlの壁を突破しても良いと思いますが。

味は良いので、大型連休、初夏に向けて爽やかな気分、リフレッシュしたいなら良さそうですね。

3. 最後に

今回は、三ツ矢グリーンスパークリングウォーターを飲んでみました。
爽やかな気分になれる飲料です。微糖で甘ったるくなく適度な苦味が良いですよ。

それでは ごきげんよう

source:
“微糖”炭酸という新提案「三ツ矢グリーンスパークリングウォーター」2018年4月3日(火)発売!|ニュースリリース 2018年|会社情報|アサヒ飲料

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>