WiMAX2+を契約して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみる

wimax_wx04_201801

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  7. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 57

ごきげんよう

今回は、WiMAX2+を契約して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみる。

1. WiMAX2+とは

UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているWiMAXの後継サービス。
現在WiMAXといえばこのWiMAX2+を言います。
固定回線の代わりとしてUQコミュニケーションズの公式サイトでも推しており、工事不要で家でも外でも使えます。
下り最大440Mbpsの対応エリアが全国に広がっており、LTE通信サービス(特にNTTドコモ、au、ソフトバンク)とは異なりますがかなりの範囲をカバーしています。

今回私は自宅で長く使ってきたLTE通信サービスを止めてWiMAX2+にしました。
そこで、WiMAX2+を使ってみたので良い点、悪い点をまとめておきます。

2. WiMAX2+の良い点

固定回線のような回線工事が不要

固定回線だと申し込みから回線工事のために日数が必要ですが、そんな事は無いです。
公式サイトにもあるように工事不要、即日開通が可能。

最近まで私は引っ越しが多く固定回線契約が逆に邪魔な生活でしたが、そんな中でもモバイル通信のサービス(この時はDMM mobileや日本通信でしたが)は持ち運びが楽で引っ越しの時も次の場所で使えたので楽でした。
WiMAX2+も同様に引っ越しの時に端末を持ち運べば使えるので良いですね。

Try WiMAXで速度を確認できる

LTE通信サービスと異なり、場所によって通信速度がかなり異なるため事前にお試しが出来るTry WiMAXが利用できます。

事前に試せないと自宅や良く利用する場所で思ったよりも速度が出ずイライラするためこのサービスは大切です。
実際に私もWiMAX時代に1Mbpsしかでず、建物が周りに建ったために500kbpsぐらいしか出ず一年きっかりで止めました。
それから数年。恐る恐る「ほんとに速度上がったのか?」と試してみるにはTry WiMAXはナイスサービスです。

基本持ち運びできる

WiMAXは基本的に外で使うことも想定されているため、持ち運び可能な端末がメインで提供されています。
もちろん、家専用の据え置き端末もあるため家で使いたいという方も大丈夫。
持ち運び出来る端末にはクレードルがあれば家でも快適に利用可能。

速度制限は無理しなければ快適

執筆時点で3日で10GB以上利用で速度制限がかかるが、平均すると1日3GBちょいは使えるので無理しなければ快適に使える。
制限を超えた場合でも翌日の18時頃~翌2時頃までが制限対象となり、その時間帯は1Mbps程度となる。

実際に3日で10GB以上利用したところ、実際に上記時間帯で通信速度が1Mbps程度となった。

source:
WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について|【公式】UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

動画サイトで高画質なコンテンツを大量に見たりしなければ10GBには到達しにくいという印象。

動画配信サービスの利用も気をつければ大丈夫

前述の速度制限に関わりますが、YouTubeやAmazon プライム・ビデオといった動画を扱うサービスも利用可能。
ただ、映画を視聴すると一気にデータ通信量が増加するのでその点は気をつけて欲しいところです。

なので「ずっと映画を観ていたい」なんて人はWiMAXは厳しいです。
適度に観るなら大丈夫です。

オンラインゲームも大丈夫そう

対象が少ないためはっきりと言いにくいですが、とあるオンラインのFPSゲームをしたときは利用開始のデータダウンロードから実際のプレイまでスムーズに利用できました。
動画よりも通信量が少ないと思いますので技術的な問題がなければ利用可能と思います。

wimax_wx04_201801

3. WiMAX2+の悪い点

サービスエリアの状態

これは仕方ないことですが、LTE通信サービス(特にNTTドコモ、au、ソフトバンク)に比べるとエリアは狭いです。
公式サイトでサービスエリアを確認しないといけません。

私の住んでいるところでも、ちょっと歩けばクレーターのようにエリア外の場所があります。
これは地形の問題もあると思いますが、気をつけなければなりません。

また、施設内、公共交通機関でのエリア対応も進んでいますが限定的なので公式サイトでの確認が必要です。

ベストポジションを探す必要あり

家で使う場合はどこが通信速度が速いのか確認する必要があります。
ナイスな場所を探すためにうろうろする必要があるので、回線工事をしてしまえば良い固定回線に比べて面倒な所はあります。

周りに建物があると速度影響あり

これはかなり注意が必要です。例えばマンションで周りを別の高い建物で囲まれている場合は速度は思った以上に出ないです。
イライラするほど速度が出ないときもあります。
かなり影響が出ますので、外出用に使うか、契約見送りポイントです。

逆に周りに高い建物が無い場所に住んでいる方はある程度通信速度が出ますので固定回線の代わりに使うのも良いと思います。

3. 最後に

今回は、WiMAX2+を契約して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみました。
環境が良ければかなり使えるWiMAX2+。

気になったらまずはTry WiMAXをしてみるのも良いかもしれません。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.