ラベル外す手間なし「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」現わる

Bottle
この記事の読了時間: 231

ごきげんよう

今回は、アサヒ飲料株式会社がラベルレスなミネラルウォーターを発売したのでまとめておく。

1. アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル

アサヒ飲料株式会社がESG領域における活動の一環として商品にロールラベルをつけない商品(ラベルレス商品)「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」を発売すると発表しています。
サイズはPET600ml、PET1.9Lで2018年5月22日より総合オンラインストアAmazon.co.jpでテスト販売。
これにより廃棄物削減などによる環境負荷低減の取り組みを強化するとしています。

因みにこのESGば環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字より。

通常、ロールラベルに記載している原材料名などの一括表示は外装ダンボールに記載するとともに、個々の商品への記載が必要なリサイクルマークなどはタックシールに記載し、PETボトルに貼付しています。これにより、ラベルに使用する樹脂量は約90%削減となります。

ということなので、通販というメリットを活用して削れる所は削ってみたという状態。

Bottle

2. わたしが考えたこと

消費者にとってコンビニやスーパーでペットボトル飲料を買う時はラベルが判断材料になるのでペットボトルに付いているのは仕方がないかもしれませんが、通販では箱買いされることが多いので「もう箱に記載してしまおう」という考えはありだと思います。

今回はAmazon.co.jpでのテスト販売ですが、今後ネットスーパーを行っている企業が取り扱えるようになれば一気に身近になり、「なんでいままでラベルありだったんだろう」という認識の変化が訪れそうです。

私も炭酸飲料の箱買いをするので、ペットボトルを捨てるときにいちいちラベルを剥がすのが面倒でした。
そんな消費者側の面倒と企業としての材料費削減・環境負荷軽減ができればお互いWin-Winです。

今はミネラルウォーターですが、徐々にお茶やその他製品にも広げていって欲しいなと思います。
もちろん通常とは別のラインでの製造になると思うのでちょっと手間かと思いますが徐々に効果を発揮するでしょう。

もしかしてラベルレスになったら今度はペットボトル本体で何か始めたりして。
ありそう。

3. 最後に

今回は、アサヒ飲料株式会社がラベルレスなミネラルウォーターを発売したのでまとめておきました。
最終的にもしかしてラベルレスになってペットボトル本体に印字もありなんじゃという所までたどり着きました。
ありかもしれません。

それでは ごきげんよう

source:
ESGの取り組みを強化「人にやさしく、地球にもやさしい」“ラベルレス”のミネラルウォーター ~ 廃棄物削減を実現する、環境分野での新たな取り組みを開始! ~|ニュースリリース 2018年|会社情報|アサヒ飲料

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら