『「さよなら現金」意識調査2018』にみるキャッシュレス化への意識

Money

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  6. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  7. 炭酸で紅茶を感じる ウィルキンソン タンサン ティーを飲んでみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 446

ごきげんよう

今回は、KDDIが発表した『「さよなら現金」意識調査2018』について考えたことを残しておく。

1. 『「さよなら現金」意識調査2018』とは

KDDIが2018年3月2日から3月5日の4日間で全国の15歳~79歳の男女1,000名を対象に行った調査の結果。
クレジットカードや電子マネーといった現金のやり取りを伴わない電子決済の利用が拡大する中で脱現金・キャッシュレスに対する意識調査結果をまとめています。

「おもな調査結果」から更に抜粋します。

【1】「自分は現金決済主義だ」4割と少数派。「脱現金決済」意識が高いのは60代女性で8割。
【2】”絶対現金”シーン1位は「結婚祝い」。
「自動販売機での支払い」は将来「脱現金」が進むと予想する人が多い。
【3】「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」7割。10代男性では8割が恥ずかしい。
「オートチャージ機能は便利だ」7割。20代女性では8割半が「便利だ」と回答。
【1】さよなら現金。普及が進む電子決済方法は「電子マネー」が6割。
【2】100%キャッシュレス時代の到来は何年後か。「10年以内」とする予想が最多。

Money

2. わたしが考えたこと

さて、結果を見つつ話をしたい。
現金決済主義は全体の4割と思ったよりも少数派。その4割を支えているのは20代女性で、20代女性だけで見ると6割を超えてます。
綺麗な紙幣で安心なのか、現金を使う事が多いからなのか。お金が減っていく様が見えるからなのか。
今や、キャッシュレス寄りの私にはちょいと見えません。
現金だと持っている安心感みたいなものがあるかもしれませんね。今私はこれだけお金を持っているんだという安心感。
なんだろう。多くを持たない中の最後の持ってる感みたいな。

絶対現金なシーンは「結婚祝い」。
そりゃまあ銀行口座間とかでお金を送られても味気ないですし、どこかに手数料取られてもアレなので最後まで現金やり取りだと思われます。
そこに何か気持ちを込めるなら物理的なものが良いですよね。
って、それならプリペイドカードかと言われるとなんとも。環境が揃えば、現金の次はカードタイプでしょうね。

「自動販売機での支払い」が将来「脱現金」になりそうとなっていますが、

既に「イノベーション自販機」で現金お断りな状態がありますが、電子マネーと現金両方対応の自販機がまず出てきてその後キャッシュレスな自販機に移行していくと思われます。
100円玉とか10円玉を保持しておく場所もいらなくなるので沢山商品を入れておけますし効率的で良さそうですけどね。

「チャージ不足でもたついた経験がある」のが2割。「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」のが7割。
電子マネーの残高が手軽に把握できるようにしておけば、チャージ不足でもたつくこともないでしょう。
知る方法が限られている現状では繰り返されると思います。
やはり、カードタイプは便利ですけど、スマホ等のモバイルにしてしまってアプリ上で残高が把握できるようなものが便利だから、今後は市場に残っていきそうですね。
実際オートチャージが楽ですから。

普及が進む電子決済方法は「電子マネー」が6割とのことで、そりゃクレカは審査が必要となれば手軽なのは電子マネーでしょう。
ここにQRコード決済が参戦してシェアを奪っていくのかなと思います。
電子マネーになるとチャージ不足が心配です。普及すればするほどチャージ不足の音が鳴るのかなと思うと対策は必要ですね。

100%キャッシュレス時代の到来は「10年以内」とする予想が最多とのことで、逆に現金しか使えない店が淘汰されていかないかと思えてくるところです。

クレジットカードと電子マネーを組み合わせて上手くキャッシュレスな世界を生きていきたい。
因みに今のところ電子マネーは普段使いできるような代物はいらっしゃいません。

3. 最後に

今回は、KDDIが発表した『「さよなら現金」意識調査2018』について考えたことを残しておきました。
最近になってキャッシュレス化の話が一気に出始めたのでお店の決済手段が増えていくのかなと思うところです。

それでは ごきげんよう

source:
60代女性「現金至上主義ではない」が8割。「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」7割。 | 2018年 | KDDI株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.