75の国と地域でデータ通信をできる「変なSIMカード」は良く海外に行く人に良さそう

Ocean

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  7. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 231

ごきげんよう

今回は、75の国と地域でデータ通信をできる「変なSIMカード」についてまとめておく。

1. 変なSIMカードとは

H.I.S.Mobile株式会社(H.I.S.モバイル)が格安海外データ通信SIMカード「変なSIMカード」のサービスを2018年7月1日より開始すると発表しています。

この変なSIMカードは75の国と地域でデータ通信が可能になっていて、1日500円で200MBまで利用できます。それ以降は低速無制限。
専用アプリを用いることで通信設定(APN設定)は自動で行われ、決まった期間分だけアプリから購入・利用できます。
また、一度SIMカードを購入しておけば何度でもアプリで購入・利用できるとのこと。

2. わたしが考えたこと

H.I.S.Mobile株式会社といえば、先に国内向けに提供していましたね。

国内SIMプラン(すでにある国内向けプラン)を申し込んだ場合は今回の「変なSIMカード」が無料でもらえるようです。
ただし、「データ専用ネットピタットプラン」は対象外とのこと。

Ocean

当初から株式会社エイチ・アイ・エスとの組み合わせで海外旅行でデータ通信しよう、スマホを使おう的なものだったので、今回その環境が整います。
夏に間に合いましたね。

一度購入すれば何度でも使える点は、いちいちWi-Fiルータを借りるということも不要になり海外旅行者への新たな選択肢となります。
年に何度も海外に行く方に良いのではないでしょうか。
他企業でも海外で通信できるSIMカードは取り扱っていたと思いますが、旅行とセットにできるというグループの強みがあります。

次は音声通話か、それとも旅行パッケージとの連携か。

気になるところですね。

3. 最後に

今回は、75の国と地域でデータ通信をできる「変なSIMカード」についてまとめておきました。
夏に向けて海外旅行×データ通信でH.I.S.Mobileが目立つかもしれません。

それでは ごきげんよう

source:
75の国と地域でデータ通信をできるSIMカード「変なSIM」7月1日サービス開始!SIMカード本体と海外通信費1日分が無料になるキャンペーン開催!|株式会社エイチ・アイ・エスのプレスリリース
変なSIM – 海外SIM | H.I.S.モバイル

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.