LINEインスタントウィンは新たな商品×抽選の機能となるか

Lottery

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  5. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  6. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  7. 炭酸で紅茶を感じる ウィルキンソン タンサン ティーを飲んでみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 210

ごきげんよう

今回はキャンペーンプラットフォーム「LINEインスタントウィン」について考えてみたい。

1. LINEインスタントウィンとは

LINE株式会社のLINE及びその関連サービスを活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューとして提供開始したもの。
「LINE」を通じた即時抽選が可能なキャンペーンプラットフォームという形になっており、対象商品のQRコードを読み取ることで抽選が可能で、応募とともにLINE側のタイムライン上にもシェアされて露出されるというもの。
オプションで公式アカウントの友だち追加有無といったものもあるそう。

2. わたしが考えたこと

LINEは急速に広がって今や日本のメインのメッセージアプリ化してますが、このプラットフォームをうまく活用するのが同社の動きであり、そこから収益を上げています。広告とかね。

そんな中での次のものがこの「LINEインスタントウィン」。

商品の抽選というと確か飲料についているシールに貼られた数字をいちいち打ち込むスタイルが主流だったと思います。
正直面倒なのでなかなかやりませんでしたね。
QRコードもあった記憶がありますが、持てる情報が少ないので抽選サイトに飛ぶぐらいだった気がします。

Lottery

今回のサービスがこの抽選の方式を変える機能となるなら広がりはありそうです。
企業からどのくらい手数料取るんだろうとか、LINE無しには生きられないという状態にさせそうで怖いとかいろいろ気になるところはありますが、大量のユーザーを抱えているからこそのサービスであり、飲み込まれるか抵抗するかは既存のメーカーの動き次第ですね。

抽選とともに友だち追加させてマーケティングに活用とか。
もう頭クラクラしてきます。LINEのユーザーを集めるという先行投資っぷりが効いてます。

3. 最後に

今回はキャンペーンプラットフォーム「LINEインスタントウィン」について考えてみた。
乗るか、乗らないかはメーカー次第なので自社HPでうまく抽選するとか適度にLINEと付き合うとか道はいろいろです。
一点集中ってそれ以上が無いからつまらないですもんね。

それでは ごきげんよう

source:
【LINE】LINEの店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」、 LINEを通じた即時抽選が可能な「LINEインスタントウィン」の提供を開始 | LINE Corporation | ニュース

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.