いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた

ikinaristeak_700_201801

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 313

ごきげんよう

今回は、いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみたので残しておきます。

いきなりステーキとリブロースステーキ

いきなりステーキは食べたい量を伝えてお肉をカットしてもらえるオーダーカットと決まった量のステーキを注文する2つがあります。

私も何度かオーダーカットしてます。
オーダー通りの量でカットするという技術が店員に求められます。

決まった量のステーキでいうとワイルドステーキの450gがありますが、これ以上の量になるとオーダーカットとなります。

今回はリブロースステーキを選びました。
いきなりステーキのオーダーカットでは一番お安く牛の部位でいえば肩ロースとサーロインの間の部位。
適度な脂身と赤身だとのこと。

それを今回700gでオーダーカットしてみました。
500gまでのリブロースステーキは食べたことがありますが、700gはありません。

ikinaristeak_700_201801

ここまで来ると前回2枚のお肉に分けたので、同様にしようか店員に伝えると、
今回は店員がバタフライという用語を出してきまして、簡単に言えば蝶の羽のように繋がったまま半分にするものだそうです。
スパッと半分にされたお肉の姿はなかなか良いです。

さて、ミディアムレアで焼いてもらいましょう。

2. 実際に食べてみた

ikinaristeak_700_201802

さあ、これが約700gのお肉。
プレートからはみ出した状態で渡されました。肉汁がすごいです。
既にお肉がはみ出した状態なので、いかにお肉を食べつつプレートに全部収まるようにするかが最初のミッションとなりました。

赤身の肉が食べごたえがあります。半分にカットしているので一枚のお肉の厚さはそれほど無く、食べやすいけど量があるという状態です。
もちろん、食べごたえのために厚いお肉のままというのもありなのでそれはカット時に相談しましょう。

ただ、この量になると脂身がかなり多く、最終的に脂身ばっかりに。最後の方で脂身を食べようとすると大変ですね。
オーダーカット時に脂身を減らしてもらうか、次はサーロインステーキのほうが良いかもしれません。

3. 最後に

今回は、いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみたので残してみました。
食べられましたが、脂身に注意ですね。脂身が多すぎるとお茶でさっぱりしたくなります。
ちなみにとあるところで計算してみたところカロリーは1,840kcalだそうです。なかなかですね。

そうだ。消費すれば問題ない。

それでは ごきげんよう

source:
HOME | いきなり!ステーキ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.