ドコモ回線だって月額190円からiPadを外で使いたい 日本通信の「b-mobile S 190PadSIM」

IPad

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. 外国人名の漢字当て字に困ったら使ってみよう 「KANJI NAME」
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ウィルキンソン タンサン グレープフルーツを飲んでみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 29

ごきげんよう

今回は、日本通信の「b-mobile S 190PadSIM」にドコモ回線版も出たようなので情報を残しておく。

1. b-mobile S 190PadSIMとは

日本通信がソフトバンク回線を取り扱い始めてから市場に投入したiPad向けのSIMカード及び料金プランです。
「おかわり課金方式」という今となっては大手キャリアさえも似たような事を行っている通信した分だけ支払うもの。

今回ソフトバンク回線に加えてドコモ回線も対応し、通常の190円にSMS付き版も320円から使えるようになっています。
しかも今回はiPadだけでなくAndroid端末など幅広い端末で使えます。

IPad

2. わたしが考えたこと

もともとソフトバンク回線を取り扱い始めてから市場に投入した料金プランの一つであり、190円のインパクトも強かった印象。
以降、大手キャリアも同じような使った分だけ支払うプランが出てきたのでもともと取り扱っていたドコモ回線での提供も始めたのでしょう。
MVNOで音声通話がしたいわけではなくデータ通信だけがしたいという方は居ると思いますので良いでしょう。
それに、市場はデータ通信量で稼ぐ流れです。

それにしてもこのお値段なら遠く離れた両親にタブレットと一緒に渡して使ってもらうのも良いですね。
旅行時にも活用できます。
使いたい時に使えて、使った分だけお支払い。

3. 最後に

今回は、日本通信の「b-mobile S 190PadSIM」にドコモ回線版も出たようなので情報を残しておく。
iPadに限定されなくなったことでAndroidのタブレットも使えそうですし、選択肢が増えました。
データ通信だけできれば良いという方におすすめできそうですね。

それでは ごきげんよう

source:
日本通信、基本料190円の190PadSIMにドコモ版が登場 | 日本通信株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.