沖縄県古宇利島にある伝説が残るチグヌ浜に行ってみた

kourijima_chigunu_201801

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  9. 羽田空港がプロデュース 空港限定のジュアアルディ ペコを飲んでみた
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 135

ごきげんよう

今回は、沖縄県古宇利島にある伝説が残るチグヌ浜に行ってみました。

1. チグヌ浜とは

沖縄県の北部、古宇利島にある浜です。
名護より北ですので、那覇空港から計算するとまあちょっと遠いです。

この古宇利島は、人類発祥の島ともあり、チグヌ浜にはそれに紐づく伝説があります。
沖縄版アダムとイブ伝説と呼ばれているようです。詳しくはどこかどうぞ。

2. チグヌ浜に行ってみた

とにかくチグヌ浜に行ってみた。
島に入ってすぐに「古宇利島ふれあい広場」という駐車場ありの場所があるので活用させてもらいました。

チグヌ浜へ歩いていけるほど近い。海沿いに島を時計回りに歩きます。

kourijima_chigunu_201801

ここです、チグヌ浜です。
何かが生まれる感、生まれた感がありませんか。気のせいでしょうか。
「始まりの洞穴」と呼ばれる場所から撮っています。

浜は岩を挟んで2つあり、通常の階段から行ける場所と非常に急な階段らしきものを降りて行ける場所があります。
海の香りがします。

海でかつ足元も不安定なのでスマホなどの物を落とさないよう注意です。

3. ただ、残念なこと

kourijima_chigunu_201802

残念なことはこのような伝説が残る場所が、モノで汚されていること。
打ち上げられたものでは無さそうなペットボトル、発泡スチロールのごみ。
ゴーグルもあり、汚すほどに綺麗な海も汚く見えます。

kourijima_chigunu_201803

すぐそばの海が綺麗に見えるのは、このような見えてはいけないものを端に追いやった結果でしょうか。

4. 最後に

今回は、沖縄県古宇利島にある伝説が残るチグヌ浜に行ってみました。
転んで怪我する可能性ありなので、注意してください。本当に海に体ごと落下する事もありえます。
ゴミも問題なので地域と訪れる方が注意して欲しい所です。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.