MNPでauからIIJmioのみおふぉん タイプD(BIC SIM)に変えてみたので残しておく

aumnp_to_iijmio_bicsim_201801

今日の人気記事

  1. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  6. まだアラーム音で朝起きてるの? Sleep as Android×スマートウォッチでスマートに目覚めよう
  7. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  8. いきなりステーキで約700gのリブロースステーキを食べてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
この記事の読了時間: 458

ごきげんよう

今回は、MNPでauからIIJmioのみおふぉん タイプD(BIC SIM)に変えてみたので残しておく。

1. IIJmioとかBIC SIMとは

ここは過去記事を参照してもらいたい。

因みに今回もBIC SIMカウンターで手続きなんですが、MNPで手続き時に必要な書類とかは上記記事に書いてました。過去の自分に嫉妬です。

さて、気を取り直して今回はauからIIJmioへのMNPについて順番に見ていきましょう。

2. MNPでやることを順番に書いてみる

2.1 MNP後に使う端末の確認

まず、MNP後に使う端末の確認が必要です。
勢いでMNPをしてキャリアを出たものの次の会社で使える端末が無ければどうしようもありません。
大手の3キャリアならMNPした後に端末も新しく買えると思いますが、選択肢は多いほうが良いですからね。

既に端末を持っているなら良いですが、今回ならIIJmioの公式サイトに行って「動作確認済み端末一覧」から持っている端末が対応しているか確認しましょう。
回線もau系とdocomo系では端末が違うこともあります。注意事項とかもあるので確認しておいて損はありません。

source:
動作確認端末 | IIJmio

私の場合は、IIJmioでタイプDと呼ばれるドコモ回線を使っているのですが、MNP前からau回線のガラケー(音声通話用)とドコモ回線のスマートフォン(データ通信用)を持っていたので、移行は簡単でした。

2.2 出来なくなることを確認・対処

キャリアメール等のこれまでキャリアが提供してくれたサービスが使えないので何かのサービスに切り替える必要があります。
また、この段階でスマホやガラホの人はWi-Fiで通信できれば後でどうにでもなりますが、ガラケーを使っていて連絡先がスマホと共有出来ていないなら連絡先一覧(vcf拡張子のもの)をガラケー連絡帳から抽出して、今後使うメールアドレスに送っておきましょう。
連絡先一覧を端末内保存する機能がメニューから探せばあるので実行します。

2.3 IIJmio契約に必要なものの準備

次のIIJmio契約時に必要なものの準備します。

・本人名義のクレジットカード
・登録メールアドレス
・本人確認書類(運転免許証とか公式サイト確認)

他にMNP予約番号がありますが、次に取得します。
因みに一度IIJmio契約している場合はメールアドレスの代わりにmioIDとパスワードとなります。
忘れると面倒なので気をつけましょう。

2.4 auでMNP予約番号の取得

私はauショップに行きましたが、時間がかかるのでまあ本を読んだりしながら待ちましょう。
相手の気持ちとしては解約されるとお客減りますからね。
本人確認書類は必要です。あと、回線の契約者が本人である必要があります。
家族で別々に契約して支払いだけ一本化しているというパターンもあるので確認してみましょう。

aumnp_to_iijmio_bicsim_201801

2.5 MNPによる音声通話SIMカード発行

IIJmio単体だと書類を送ってと数日かかってしまい、SIMカードも受け取れないとその間は電話が使えません。

source:
他社から乗り換え(MNP転入)|格安SIM/格安スマホのIIJmio

なのでBIC SIMカウンターで手続きを行います。
因みに新規契約(MNP含む)ならBIC SIMカウンターがあるところなら基本どこでもできるようです。
ただ、既にIIJmio契約していて、追加でSIMカードを発行する形でMNPなら店舗によっては出来ない事があるため公式サイトで確認が必要です。

source:
格安SIMカウンター|ビックカメラの格安SIM・BIC SIM(ビックシム)

今回は、既存のデータ通信専用SIMとは別にMNPで音声通話SIMの契約を行いました。
一通りの手続きが終わると、SIMカードの発行に入ります。
この時は15分ぐらいと言われました。早い。

実際にそのぐらいの時間で完了し、SIMカードを端末に入れて、データ通信・通話を試しました。

※BIC SIMカウンターでご契約の場合、音声通話機能付きSIM「みおふぉん」はその場で受け取ることができますが、「みおふぉんダイアル」は数時間後に利用可能となります。

みおふぉんダイアルは数時間後使えます。

2.6 連絡先一覧の登録

先に作っておいた連絡先一覧(vcf拡張子のもの)をスマートフォンの連絡帳で読み込みで完了。
これでみおふぉんダイアル側にもこれまでの連絡先一覧が表示されます。

これでauからIIJmioのみおふぉん タイプD(BIC SIM)へのMNPでやることは終わりです。

aumnp_to_iijmio_bicsim_201802

遂にauのガラケーを使わなくなってしまいました。

3. 最後に

今回は、MNPでauからIIJmioのみおふぉん タイプD(BIC SIM)に変えてみたので残してみました。
最近、BIC SIMカウンターの記事が読まれているなと思ったんですが、もしかしてMNP関連でしょうか。
今回MNPの記事を書いてみました。誰かの役に立てばと思います。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.