首里城 御内原エリアと最も高い東のアザナエリアに行ってみた

syuri_east_201904

今日の人気記事

  1. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  4. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  5. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  6. 水出しコーヒー使用のジョージア ジャパン クラフトマン ブラックを飲んでみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. 皿とレンジがあれば良い スライスチーズでおつまみクッキング
この記事の読了時間: 32

ごきげんよう

今回は、首里城に新しくエリアとして追加された御内原エリアと最も高い東のアザナエリアに行ってみたので残しておく。

1. 御内原エリアと東のアザナエリア

首里城正面から見れば正殿の背後に位置する両エリア。国王やその親族の私的空間とのこと。
王女の居室かつ国王即位の儀式を行う世誇殿や東に行けば白銀門、その先階段を登ると東のアザナがあります。
また、女官居室や湯屋もあり、正殿という表側に対する裏側のようなエリアになっています。

そして、このエリアは正殿同様に普段有料区間ですが、プレオープン期間に淑順門から入ってみました。

syuri_east_201901

2. 実際に行ってみた

看板を見つつ、歓会門から銭蔵跡を左手にみつつ淑順門をくぐり入りました。何故か東側から入ってしまったので右掖門はくぐっていません。
なんでしょう。普段は通らない道であり、有料区間から帰る観光客の歩む道を逆走するようなルートのためか、「これで大丈夫か」という気持ちになりました。

syuri_east_201902

一応銭蔵跡とかは有料区間ではないので散歩コースとして使えます。これはまた別の機会に。
入って目の前が御内原エリア。寄満があり、ここは国王とその家族の食事を準備した所。
その先に、国王の居室である二階御殿もあります。

syuri_east_201903

世誇殿。室内は訪れたときはかなりあっさりしていたのでこれから整備されていくのかもしれません。

さて、次は東のアザナエリアへ。

syuri_east_201904

白銀門。このあたりから一方通行で東のアザナに向かいます。

syuri_east_201905

白銀門の先、地面はサンゴや貝殻も見えます。
ここは寝廟殿で、

国王が亡くなったときに一時的に霊柩を安置するところである。

と公式サイトに載っているのでそういうことです。
ここから更に階段を登った先。首里城でもっとも高いところと言える場所に到達します。

syuri_east_201906

ここが東のアザナ。
標高約140mの位置にあるそうで、別名「高アザナ」だそうです。
実際に高いです。通路は狭く城の東端といったところ。
親切にその方角に何があるかパネルがあるので確認しながら楽しめます。
気持ちのいい眺めですね。

これで、西のアザナと東のアザナの両方に行くことが出来るようになりましたね。
西のアザナに行ってみたときのことはこちらをどうぞ。

さて、東のアザナから戻ってくると湯屋もあります女官居室もあります。
ただ、女官居室は絶賛整備中な状態だったのでこれからかもしれません。
以前有料区間を訪れたときに整備していたエリアだったので、本当に徐々に新エリアが出来上がっていくという事でしょう。

3. 最後に

今回は、首里城に新しくエリアとして追加された御内原エリアと最も高い東のアザナエリアに行ってみたので残しておきました。
これまでに加えてエリアが拡大しましたので、また楽しみ方が増えたかなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
首里城 ‐ 琉球王国の栄華を物語る 世界遺産 首里城

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.