ふってふってグミを食べてみた

ふってふってグミ
この記事の読了時間: 22

ごきげんよう

今回は、ふってふってグミを食べてみたので残しておく。

1. ふってふってグミとは

カバヤ食品株式会社のグミです。
グミそのままと小袋のパウダーをかけるとコーラ味に変化して別の味が楽しめます。
オレンジ、グレープ、メロンの3つの味です。

たまたま見つけてしまったのと、パッケージから感じられる溢れ出す何かにグッときたので食べてみます。

2. 実際にふってふってグミを食べてみた

ふってふってグミ

パウダーが最初からついているグミはありますが、今回は別に小袋が付いています。
裏面に食べ方がある。

さて、まずはそのまま食べてみよう。

ふってふってグミ2

見た目、良くありそうなグミ。

グレープから、
噛むほどに少しずつ感じられるグレープ味。落ち着いた味。

オレンジは、
オレンジの香りが先に来た。その後オレンジの味。

メロンは、
噛むと少し感じるメロン。存在感は薄い。

うん、そのままだと残念なグミになってる。

さて、パウダー小袋の登場である。
ウルトラわくわくコーラ。
私もわくわくである。

袋を開け、謎の白い粉をグミの上にかける。
レッツふりふりタイム。

ふってふってグミ3

取り出したグミは、既に別物。

グレープから、
舌で感じる酸味。先程よりもグレープの味が感じられるようになった。

メロンは、
酸味はあるけど、メロンは同じ感じ。

オレンジ
酸味からいつの間にかオレンジに。柑橘系だから相性が良いかも。

ただ、パウダーは酸味が強いのでコーラって感じはしない。

複数のグミを一気に食べると現れるコーラ感。
ただ、グミの味が混ざりあってもはや、何の味か分からない。

原材料名は、グミが水飴、砂糖、ゼラチン、濃縮メロン果汁、濃縮オレンジ果汁、濃縮グレープ果汁、植物油脂など。
パウダーは、砂糖、エリスリトール/酸味料、香料甘味料(ネオテーム)、リン酸カルシウム。

オレンジやグレープよりもメロン果汁が前に来ているのにあまり感じなかったのは食べる順番を間違えたからか。

3. 最後に

今回は、ふってふってグミを食べてみたので残してみた。
1つのグミで2度楽しめる。
そう考えれば良い商品ですね。

それでは ごきげんよう

source:
ふってふってグミ | グミ | カバヤ食品株式会社

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら