大東建託パートナーズのモバイルデータ通信サービス「DKモバイル」

Mobile

ごきげんよう

今回は、大東建託パートナーズのモバイルデータ通信サービス「DKモバイル」が始まったようなので考えてみたい。

1. DKモバイルとは

大東建託パートナーズ株式会社が、ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社をMVNE事業者として10月26日から大東建託のグループ管理建物に住む人向けに提供を始めたもの。
ドコモ回線を利用したモバイルデータ通信サービス。MVNEとはMobile Virtual Network EnablerでMVNO(仮想移動体通信事業者)のサポートをする事業者。ほかだと日本通信も行っている。

月額利用料は、通常2,980円のところ、キャンペーン特典として500円引きの2,480円。端末代金も0円。
月間データ量の制限はなしで、直近3日間に10GBを超過すると以降データ通信速度が256kbpsに制限。

2. わたしが考えたこと

自分のグループだけにモバイルデータ通信サービスを提供するという方法もありましたね。
「直近3日間に10GBを超過」というのは現在のWiMAXの制限と同様です。ただ、制限時の速度は256kbpsと遅めですね。まあ、4G回線だと思えば制限時にしては速いかな。
WiMAXよりは月額料金が1,000円ぐらい安くて、ドコモ回線なので通信も安定するけど、制限時の速度は遅め。
そんな印象。

地域的にWiMAXは厳しい。だけど固定回線とか他のモバイルデータ通信サービスを使うのも面倒ってときの選択肢ですね。
引っ越しの時気をつければ大丈夫かなという。

3. 最後に

今回は、大東建託パートナーズのモバイルデータ通信サービス「DKモバイル」が始まったようなので考えてみた。
付加価値ですね。今やネット環境は生活に欠かせないものになっています。
お家のネットとして使えるなら良いですね。

それでは ごきげんよう

source:
モバイルデータ通信サービス「DKモバイル」をスタート|土地活用のことなら – 大東建託

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら



The following two tabs change content below.