ahamoの店頭有償サポートがお申込みからその後の手続きまで

mobile

ごきげんよう

今回は、ahamoの店頭有償サポートがお申込みからその後の手続きまで出来るので考えてみたい。

1. 「ahamo WEBお申込みサポート」と「ahamo WEBお手続きサポート」とは

株式会社NTTドコモが2021年4月22日から開始しているahamo(アハモ)用の店頭有償サポートです。
内容は、ユーザーのahamoサイトでの手続きを手伝うというもので、

■ahamo WEBお申込みサポート
・3,300円(税込)
・ahamoの新規契約、他社からのMNP、ドコモの別プランからの料金プラン変更の申込みサポート

■ahamo WEBお手続きサポート
・3,300円(税込)
・ahamo契約後の各種手続きの申込みサポート

を有償でしてくれます。

注意事項には、

お申込み時の端末操作はお客さまご自身で実施いただきます。お手続きの補助を行うスタッフはお客さまの端末操作画面を拝見し、必要に応じて操作のご案内を行います。
ahamoのお申込みに際してはお客さまご自身でのサービス内容およびご注意事項確認が必要となります。お手続きの補助を行うスタッフは、ご契約にあたっての注意事項等の説明義務を負うものではありません。
ahamoご契約後のご相談は「専用チャット」をご利用いただくこととなり、ドコモショップやインフォメーションセンターではお受けできません。ドコモショップでのサポートをご希望の場合は必要に応じて有料の「お手続きサポート」等をご利用ください。

とあるのであくまで店頭のスタッフはサポートのみで、既存の契約方法とは異なるということ。

2. わたしが考えたこと

ahamoのお値段が安いってことで「契約してみよう」となってもオンライン限定。
ユーザーが店頭でできないかとショップに来たときに対処するためのサポート内容が今回のもの。
オンライン限定にすることでシステム+ユーザー操作で完了するahamo。
ここには店舗スタッフの人件費は存在しないので、だからこそ安く提供できている。
ただ、「安い」と思って店頭にくるユーザーには今回の3,300円というスタッフによるサポート料金を払ってもらう形。

家電量販店でもPC向けは設定内容によって細かくいくらと料金指定している。
アカウント設定とかインターネット設定とかだったかな。使わないので覚えていない。
自社サービスの範囲内でイレギュラーは発生しにくいのでそこまで細かい料金設定は今回実施していない。

今回のサポート料金をスタッフの単価として、1時間あたり1,500円と乱暴に計算してみると、2時間ぐらいまでは対処してくれるという。
実際2時間対応してくれるかは知らない。
流石に申し込みなので2時間もあれば大丈夫でしょう。最大1時間で済みそうだけど。

あとは各種手続きの申込みサポート。ahamoの申し込みを店頭サポートでやってもらったユーザーは、そのまま他の手続きも店頭でやってもらう形になりそう。
申し込みよりは短時間で終わるので、こっちのほうが利益率高そう。

毎回店頭のスタッフに聞きながらスマホを操作すると、どんどんお金が外に出ていってしまうので、自分でやってみるとか友達に聞いてみるとか。
受動的から能動的にですね。

3. 最後に

今回は、ahamoの店頭有償サポートがお申込みからその後の手続きまで出来るので考えてみた。
こう考えると既存のプランってこういうサポートの料金が上乗せされて請求されていたんだなと思うところ。
だからこそMVNOといったサポートが少ないところはお値段がお安くできる。

それでは ごきげんよう

source:
ドコモからのお知らせ : 「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」の開始および故障受付チャネルの拡大について | お知らせ | NTTドコモ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら



The following two tabs change content below.