Internet Explorer 11が2022年6月15日にサポート終了へ 終わりの始まり

PC

ごきげんよう

今回は、Internet Explorer 11が2022年6月15日にサポート終了になるので考えてみたい。

1. Internet Explorer 11が2022年6月15日にサポート終了

マイクロソフトはInternet Explorer 11(IE11)が2022年6月15日にサポート終了すると発表しています。
すでに、Microsoft 365 でIE11のサポート終了を発表していますし、徐々にIEの縮小が提供元で始まっています。

法人でIE11を使っている場合は、Microsoft EdgeのInternet Explorerモードが使えます。
現時点では2029年までサポート予定になっています。

対象のプラットフォームは、半期チャネル(Semi-Annual Channel:SAC)という形で提供されるWindows 10。
長期サービスチャネル(Long Term Servicing Channel:LTSC)やServerのWindows 10は現時点では対象外になっています。

source:
「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了」の発表に関連する FAQ – Windows Blog for Japan

2. わたしが考えたこと

IE11の終わりの始まりがやっとマイクロソフトから始まった感じがします。
すでにサントリーウェブサイトではIEサポート終了をしています。

source:
サントリーウェブサイトIEサポート終了のお知らせ お知らせ サントリー

今後は、特にコーポレートサイトのような大きめのサイトでIE11非対応の記載が出てくるのかなと思います。
ウェブサイトでIE11対応を考慮した結果、互換性のためにコードの書き方を変えるとかがあったのでこれでやっと変わるかなと思うところです。

フィーチャーフォン(ガラケー)のサポートもここ数年でどんどん終わるので、次の新しいブラウザに合わせて行く必要がありますね。

もちろん、国のサービスでIE11でしか使えないとかがあればさっさと他のブラウザ対応に変更しないと一年後には「なんでまだIEなんだよ」と言われてしまいます。
Microsoft EdgeのInternet Explorerモードでしか動かないとかになるんでしょうか。まあ、そんなことは起きないと思いたいですけど。
企業内だけのものでもMicrosoft Edgeで対応できるかもしれませんが現時点で2029年までなので移行を進めたほうが良いですね。

3. 最後に

今回は、Internet Explorer 11が2022年6月15日にサポート終了になるので考えてみた。
終わりの始まり。やっと始まった感じがします。

それでは ごきげんよう

source:
Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了 – Windows Blog for Japan
「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了」の発表に関連する FAQ – Windows Blog for Japan

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら



The following two tabs change content below.