AndroidでもHeartbleedの影響がありそうです

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  6. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  7. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  8. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 11

ごきげんよう

今回はこの記事です。

Android 4.1.1と4.2.2搭載端末の一部にHeartbleedの影響を受ける可能性があると判明 – GIGAZINE

http://gigazine.net/news/20140415-heartbleed/

何やら最近話題のHeartbleed。
簡単に言ってしまえばOpenSSLのバグで、SSL/TLSとやらで暗号化したものでも盗み見ることが出来るという。
修正版が出ているのでさっさと更新して頂戴というのが現状です。

そこで今回Android 4.1.1やAndroid 4.2.2の一部も危険にさらされている情報が。
OSアップデート打ち切りでこの脆弱性を残したままの端末って日本製で多いんじゃなかろうか。
そうなると、相当危ない気がする。
各社どのように対応してくるか。日本製端末らしくケータイアップデートでカバーしてくるのかな。

Android端末作っている人たちは今、対策に追われているのだろうか。
各キャリアがどのようにアナウンスするのか。そもそもしないのか今後に期待。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>