IIJmioにはバースト転送という制限無し通信がある


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 131

ごきげんよう

今回はこの記事です。

IIJmio meeting #3:LINEやTwitterは200Kbpsでも快適?――IIJ佐々木氏が通信品質のこだわりを語る – ITmedia Mobile

私はIIJmioのデータ通信専用SIM使ってますが、まさか「バースト転送」なる技術が使われているとは。

「1回の通信につき200Kbps(25Kバイト)×3秒間」は速度制限を受けないそうで、それが数秒ごとに小刻みに発生してるそう。なかなか複雑な制御になってますね。

MVNOは回線を借りてユーザーに提供しているので、ただデータを流すだけの会社にならないように工夫しているんですね。

By: Karl Baron
By: Karl Baron

多くのMVNO通信サービスは低速の通信はずっと低速の通信なのでイライラはずっと続きます。
だからこそ、高速データ通信容量はプランによって細かく分かれ、通信データ量はコンビニでも販売されるようになりました。
快適なネット通信を買う時代です。私には考えられませんがスマホで沢山通信する若者などにとっては良いのかもしれませんね。

最初の数秒でも速度が早ければTwitterやLINEなどの「継続的な通信」を必要としないサービスは体感速度がかなり向上します。

現在は高速通信が当たり前な状態ですが、低速の通信でも体感速度が速くなったりユーザーが快適に過ごせるようになれば、MVNO通信サービス全体としてメリットはありそうですね。

各MVNO通信サービスからの施策に期待したいです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>