マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット

Trackball_20141130

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 43

Trackball_20141130

ごきげんよう

みなさんはデスクトップPCやノートPCを使うときは操作しやすいようにマウスを使っているかと思います。
とはいえ、操作し続けると手首や腕が痛くなってきます。みなさんも経験があるんじゃないでしょうか。

今回は私が使ってきたマウスとトラックボール(親指型/人差し指型)のメリットデメリットをまとめてみます。
キーボードを操作するよりもマウスを操作する時間が長い場合は、この機会に使用する機器を変えてみる事をオススメします。

1.マウス

デスクトップPCに最初から付属している機器。
家電量販店でも種類が沢山あり、様々な本体カラーや形状のものを選べます。
古くはボールを内蔵してコロコロ転がす事によってマウスの移動を検知するボール式。
現在は光学式やレーザー式が主流になっています。

メリット

・値段は全体的に安価(数百円〜)
・様々な種類のマウスを選べる(複数の会社が本体カラーや形状を変えたものを発売している)
・家電量販店に行けば買える
・マウス本体を動かすことによってマウスポインタが移動するので操作方法が分かりやすい

デメリット

・操作時に場所を確保しなければならない
・ボール式以外はマウスパッドが必要になる場合があり、そのパッド上での操作になる
・長時間のマウス操作時は腕や手首が痛くなる可能性がある
・左右非対称のため、左利きの人は機器の選択肢が極端に少ない
・マウスなので気がついたら別の人が借りて使っている事がある(誰でも使いやすい)

2.トラックボール(親指型)

親指型はマウスに似た形状をしており、左側にボールが配置されています。
親指でこのボールをコロコロ転がすことによって操作します。
トラックボール本体を動かす必要が無いため、少ない労力で操作出来ます。

私は長年このタイプを使用してきました。使用歴は5年以上です。
使用当初は思い通りにポインタが移動せずイライラしますが、慣れると思い通りの場所にポインタを素早く移動出来ます。
非常に扱いやすく現在複数の会社からこのタイプが販売されている理由がわかります。

メリット

・ボタン配置がマウスとほぼ同じなので操作しやすい
・親指だけでマウスポインタが動かせる(労力が少ない)
・機器は置いた場所から移動しないのでスペースを有効活用出来る
・オンラインゲームでもマウスと同等(もしくはそれ以上)の操作性を確保出来る
・ボールを操作できれば良いので機器の配置場所が必ずしも平らである必要は無い
・操作方法が分かりにくいのでマウスユーザーが気軽に「使いたい」なんて言ってこない

デメリット

・値段は数千円する(マウスより高い)
・操作に慣れるまで時間を要する
・長時間の操作時は親指が痛くなることがある
・左右非対称のため、左利きの人は機器の選択肢が極端に少ない
・家電量販店での取り扱いが少ない

3.トラックボール(人差し指型)

人差し指型はマウスにあったボタンやホイールを再配置した機器。
ボールは親指型と違い、中央に配置されている。
人差し指や中指でこのボールをコロコロ転がす事によって操作します。
トラックボール本体を動かす必要が無いため、少ない労力で操作出来ます。
また、左右対称の機器が多いため左利きでも扱いやすいです。

現在私が使用しているタイプです。
親指以外で操作するタイプでマウスとは異なる形状になっているためボタンやホイールが面白い配置になっています。
現在私が使っているOrbitTrackball with Scroll Ring 72337はボールの周りにホイールが付いています。

メリット

・人差し指だけでマウスポインタが動かせる(労力が少ない)
・機器は置いた場所から移動しないのでスペースを有効活用出来る
・左右対称の機器が多いため、左利きの人でも扱いやすい
・ボールを操作できれば良いので機器の配置場所が必ずしも平らである必要は無い
・操作方法が分かりにくいのでマウスユーザーが気軽に「使いたい」なんて言ってこない

デメリット

・値段は数千円する(マウスより高いが親指型より安い場合がある)
・操作に慣れるまで時間を要する
・長時間の操作時は人差し指が痛くなることがある
・オンラインゲームでは素早い動きが苦手
・家電量販店での取り扱いが少ない

さて、如何でしたでしょうか。
今回は話に挙げなかったトラックボール(手のひら操作タイプ)やペンタブレットを使う人も居ますので一概にどれが良いとは言えません。
メリットとデメリットを確認して、自分に合った機器を使用しましょう。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>