Android 4.3以前の標準ブラウザを使っている人は気をつけて Googleが修正パッチ提供打ち切りへ

By: Anthony Quintano

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 246
By: Anthony Quintano

ごきげんよう

皆さんはスマートフォンやタブレットでどのOSを使っているでしょうか。
iOS?Android?あとはFirefox OS?
それぞれOSがありますが、OSのバージョンも様々です。
iOSは8になり、Androidは5.0になりました。
どちらも初期バージョンは不具合を出しており、0.0.1刻みでアップデートを行っています。

そんな中、GoogleはAndroid 4.3以前の標準ブラウザーで確認されている既知のセキュリティバグについて、今後修正対応を行わないとするお話が出ています。
これはGoogleでAndroidのセキュリティ担当を務めるAdrian Ludwig氏が、Google+に投稿しています。(source1,2)

標準ブラウザーは2年以上前の「WebKit」ブラウザエンジンをベースにしているので、脆弱性を修正しようにも、安全に作業することはもはや現実的では無いとのこと。
Androidは複数のOSバージョンが市場で共存している状態になっており、今回の影響を受けるAndroid4.3以前のバージョンは全体の60%ほど。
かなりの端末がこの危険に晒されます。(source3)

Android4.3以前のバージョンの端末を使っている方はChromeやFirefoxなど継続的にアップデートがされているブラウザーを使うようにしましょう。前述のLudwig氏も投稿の中で推奨しています。

国内メーカーの端末は独自仕様が多くて、端末のOSアップデートがあまり行われません。
買った時のバージョンのままという事もあります。その割に、最新機種はシーズン毎に出てきます。
新興国向け端末も古いAndroidバージョンが搭載されたまま売られている事もあるでしょう。
そう考えれば、多くのAndroid端末が脆弱性を持ったまま使われているということです。
なかなか、恐ろしい事ですね。

このブログでも、Androidの標準ブラウザーでアクセスする方が少ないですが居るようです。
今も使われている方は、早めに継続アップデートがされているブラウザーに切り替えましょう。

それでは ごきげんよう

source:
1
「Android 4.3」以前の標準ブラウザに存在する脆弱性、パッチ提供なし – ZDNet Japan

http://japan.zdnet.com/article/35059459/

2
Following public discussion of vulnerabilities in versions of Webkit last week,…

https://plus.google.com/+AdrianLudwig/posts/1md7ruEwBLF

3
Dashboards | Android Developers

https://developer.android.com/about/dashboards/index.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>