那覇市おもろまちにある舞天で十割蕎麦を食べてみた

booten_201501

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 157

ごきげんよう

今回は、那覇市おもろまちにある舞天で十割蕎麦を食べてみました。
読み方は舞天(ぶーてん)です。

1. 舞天とは

舞天は日本蕎麦とうどんが食べられるお店で、ランチタイムは蕎麦やうどんの店となっており、夜はお酒が飲める居酒屋に変わります。

沖縄県内に複数店舗あり、今回は本店に行ってみました。
ゆいレールおもろまち駅に近いお店が本店で、ちょっと遠い天久公園そばにおもろまち店があります。

2. ランチタイムは蕎麦とうどんのお店に

booten_201501

看板からして少々入りにくい空気感がありますが、入ってみます。
中は左がカウンター席、右がテーブル、座敷があります。思ったよりも店内は広く感じます。
今回は複数人で行ったので座敷になりました。

メニューは豊富で、蕎麦、うどんから和カレー、丼飯もあります。

おすすめに「舞天の膳」というものがあったのでこちらにしました。
うどん/蕎麦に天ぷら、小鉢が付いたものです。
蕎麦でオプションで十割蕎麦にしました。冷たいお蕎麦限定のようです。

因みに、十割蕎麦は蕎麦粉だけで打った蕎麦で「つなぎ」を使っていない蕎麦の事です。

十割蕎麦に限定しなければ、温かい蕎麦もありましたが、一緒に行った方いわく沖縄県民にとっては温かい蕎麦は考えてないらしいです。
これは沖縄そばが温かいからとのこと。温かい沖縄そばを食べていれば、他の蕎麦を温かい状態では食べないかもしれません。
他の地域とはやはり違います。

「十割にできます」という言葉がメニューの名前としてほかのメニューに溶け込んでいました。
なかなかの小技です。

3. 舞天の膳現わる

booten_201502

蕎麦は一見通常の蕎麦と変わりませんが、蕎麦の味が濃くてコシがありました。
さすが蕎麦粉だけで打った蕎麦ということですね。

天ぷら、小鉢と合わせて満足出来ました。

4. 最後に

今回は、那覇市おもろまちにある舞天で十割蕎麦を食べてみました。
十割蕎麦という存在は知っていましたが、ここで食べられるとは思っていませんでした。
「舞天の膳」はまとまりがあってよかったなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
舞天 本店|沖縄 居酒屋|有限会社 カイコーポレーション

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>