iPhoneレンタルでMVNO通信サービス開始を DTI SIMが始めるスマホレンタルオプション

IPhone

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 26

ごきげんよう

iPhone SEが静かな滑り出しだと話に聞いていますがいかがお過ごしでしょうか。
毎年の盛り上がりはやはり秋なのでしょうかね。早めにMVNO系のところに流れそうな気がします。
かなり新旧のパーツを使ってコストを押さえているようですね。
在庫一掃セールかなと思えますが、iPhoneユーザーではないのでこれ以上はやめておきましょう。

MVNO通信サービスというとAndroid系のスマートフォンが一緒に売られているのが普通ですが、iPhoneだって使いたいですよね。
iPhone取り扱いをしているMVNOもありますが、それでも端末は高いです。
もちろん、SIMフリーのiPhone一括も高いですね。これまで端末を分割購入してきた方々にはなかなか辛いところです。
そもそも毎年新しい端末が出てくるとなると、端末購入ではなくレンタルのほうが良いかもしれません。
端末を買ってしまうと一年買い替えはコスト面でもオススメ出来ませんからね。

さて、どうすれば良いでしょうか。

IPhone

そんな中、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)がデータ通信サービス「DTI SIM」のオプションサービスとして「DTI SIM スマホレンタルオプション」の予約受付を4月上旬ごろから行うと発表しています。

このオプションは「DTI SIM」の音声プランとスマートフォン端末のレンタルサービスをセットで提供するものです。
端末購入は不要で、通話及び通信に必要な設定を行った状態で配送されるとのことなので電源を入れれば使えるというものです。
契約から1年後に、端末のレンタル継続か新レンタル端末への機種変更、端末購入などの選択肢が用意されるようです。

サービス開始時に提供するレンタル端末は、iPhoneを予定しているとのこと。

プランもデータ通信容量が1GBから10GBの幅があるので自由に選べます。

iPhoneなどスマートフォンは半年単位ぐらいで新しい端末が世に出てくるので目移りしてしまいます。
こういったレンタルの形で端末に触れて、良いならそのまま使うなり、新しい端末にするなり出来る事が良いと思います。
iPhoneだけでなくAndroid系が充実したらかなり面白そうですね。

それでは ごきげんよう

source:
「DTI SIM」、新たなオプションサービス“DTI SIM スマホレンタルオプション”を発表

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>