WordPressでQuickCacheを使っていたらZenCacheに移行を アップデートが終わってるよ

By: Colleen Galvin

今日の人気記事

  1. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
  2. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  3. Xiaomi Mi Band 3を使ってみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  7. Pontaカードが真っ二つになったので直して使えるか試してみた
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. 3回も検針でミスされたのでニチガスにするの賛成しない件について話したい
  10. WordPressににほんブログ村のブログパーツを貼ってみたのでまとめておく
この記事の読了時間: 219

ごきげんよう

最近はWordPressをお店の宣伝用として使っているところがありますよね。
やっぱりそういう所は全体の負荷を抑えるためにキャッシュプラグインを使っているのではないでしょうか。

By: Colleen Galvin

そんな中、QuickCacheが最後のアップデートとともにZenCacheに移行するよう下記のような注意書きがされるようになりました。

NOTICE: This plugin has been deprecated. Quick Cache is now ZenCache. All future updates will be made to the ZenCache plugin. See migration instructions.

よく読むと「もうアップデートしないよ」と言っていて、ZenCacheに移行してくれというのでこの表示のリンク先を読んでみると移行作業方法が記載されていました。

簡単に言うと下記の通り。

0. ZenCacheを入れたら、自動的に今のQuick Cacheの設定を引き継ぐよ
1. プラグインの「新規追加」から「ZenCache」を検索してインストールしてね
2. インストールしたら有効化してね
3. 「ZenCache」と「Quick Cache」を共存しておく必要は無いから、Quick Cacheは削除出来るよ

使っている人がそんな事を言われちゃったら、素直に移行するしかありません。
新規追加から「ZenCache」インストールして有効化しましょう。

すると、自動的に「Quick Cache」は無効化されます。
NOTEに表示されますが、この時点で「Quick Cache」から「ZenCache」へ設定移行完了。
あとは「Quick Cache」を削除するだけです。

今回は「Quick Cache」から「ZenCache」に変更されたのでその話をしてみました。
使っている方は移行するなり、新たなプラグインの大海に飛び込むとよろしいかと。

それでは ごきげんよう

source:
How to Migrate from Quick Cache (Lite) to ZenCache (Lite) | ZenCache™

http://zencache.com/kb-article/how-to-migrate-from-quick-cache-lite-to-zencache-lite/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.