お茶で沖縄を感じる 宮古島ハイビスカスティーを飲んでみた

miyakohibiscustea_201801
この記事の読了時間: 23

ごきげんよう

今回は、お茶で沖縄を感じようと思い、宮古島ハイビスカスティーを飲んでみました。

1. 宮古島ハイビスカスティーとは

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が沖縄県宮古島産のハイビスカスを使用して発売した飲料。
リラックスシーンやリフレッシュシーンに楽しめる味わいとのこと。

1… 沖縄県宮古島産のハイビスカスを抽出したパウダーを使用
2… 沖縄県産緑茶は、緑茶全体の5%使用
3… 香料使用

注意書きがごとく並んでいますが、そういうことです。

2. 実際に飲んでみた

miyakohibiscustea_201801

見た目、淡いハイビスカスの色を思い浮かべる。
沖縄県宮古島産ハイビスカス使用。
ただし、パッケージには沖縄県宮古島産のハイビスカスを抽出したパウダーを使用と小さく書かれてる。

開栓時に香る酸味の効いた香り。
一口飲んで感じる無糖、口に広がるふわっとしたティー感。
なんだろうこの味。ティーって感じだけど緑茶とも違う感じ。
沖縄県産緑茶もちょっと入っているようで、商品名を含めどうにか沖縄感を出そうとしてます。

原材料名は、緑茶(国産)、ハイビスカスエキスパウダー、ビタミンC、コチニール色素、香料。

色合いはコチニール色素。お察しください。
ハイビスカスの香りは香料使用とのことでつくられた沖縄感

ハイビスカスはエキスでかつパウダーなのでメインは緑茶の味。後味に感じるハイビスカスの香りといったところ。
炭酸水で無糖だけど飲んだ後に香りが広がるのは香料のおかげ。
この飲料も後に広がる香りは香料によるもの。だとするとハイビスカスの本当の香りとは何だったのだろうか。
そもそもそんなものは存在しないのだろうか。

ただ、パッケージ無しで中の液体だけをグラスに注いで飲んだ場合は、気分転換に良いです。
色合いも良いでしょう。
知らなかったほうが良いこともあります。

3. 最後に

今回は、お茶で沖縄を感じようと思い、宮古島ハイビスカスティーを飲んでみました。
沖縄を感じられたかは定かではありません。

それでは ごきげんよう

source:
国産素材、沖縄県宮古島産ハイビスカス(※1)を使用 「宮古島ハイビスカスティー」 2018年7月2日より新発売|ニュースリリース | ポッカサッポロについて|ポッカサッポロフード&ビバレッジ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


にほんブログ村読者登録はこちら

あすへん! 〜薙月の明日への変化〜 - にほんブログ村

Twitterアカウントはこちら