au STARは長期契約者を増やす良い感じの会員制サービスだと思う

LOBBY

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 244

ごきげんよう

大手キャリアが新しい端末やサービスを発表する今日この頃いかがお過ごしだろうか。
格安スマホや格安SIMと言われて、大手キャリアからMVNO通信サービスへユーザーが流れるのではと思われたが、ジワジワと効果が現れている程度で大きな変化はない。
まだまだMVNO通信サービスは全体から見たら少数派という現状。

これまでは大手キャリアの間で2年ごとにMNPを繰り返すことでキャッシュバックを得ていたユーザーも多いかと思う。
最近は総務省絡みで行き過ぎたキャッシュバックは抑えられ、そもそもMNPによる得が少なくなってきている。

さて、このまま大手キャリアを契約し続けるか、MVNO通信サービスに移行して安く賢く過ごすか。
ユーザーは悩ましいところかと思う。

LOBBY

そんな中、au(KDDI)が長期契約者を増やす施策を打ってきた。

その名も「au STAR」。
auを利用するユーザーに向けた会員制サービスになり、会員登録必要で定額料不要というもの。

これらはさらに下記3つにわかれている。

・au STAR パスポート

会員のみネットでauショップへの来店予約をすることが可能。
ちょっと特別な雰囲気を味わえる。

・au STAR ロイヤル

auの利用年数と現在利用のデータ定額料に合わせて1,000円ごとにWALLETポイントとして毎月還元してくれる。
最大で10%で翌月付与される。

・au STAR ギフト
契約のプランによるが、毎月「世界データ定額24時間分」が貰えたり、3ヶ月ごとに映画コンテンツ1作品分が貰える。
また、誰でも割の2年契約更新の後も継続契約した場合は3,000円分ギフト券が貰える。
どこで使えるか分からないが「au WALLET Market」では使えそう。

会員制にすることで、

1. 「ちょっと特別な私」を演出すること
2. 高い料金に対して少しでもお得感を提供すること
3. 「誰でも割」を契約し続けることへのメリットを提供すること

が出来ているかなと思う。

Mobile
NTTドコモが2年縛り無しコースを新設 他大手キャリアとの違い
ごきげんよう 大手携帯キャリアの月々の利用料金が8000円程度になり、なかなか下がらなり状態ですがいかがお過ごしでしょうか。 知り合いにはMVNO通信サービスを調べ始めた方も居ますね。 ただ、既存のキャリア…

特に「誰でも割」は2年契約プランなので2年単位で解約するかMNPするか考えてしまう。

今回の会員制サービスにより長期契約者を流出させないようにしつつ、結果としてとどまってくれる契約者を増加させることが出来そう。

ただし、これはスマホユーザーがもっとも恩恵を受けるサービスなので、ガラケーの私にはあまり魅力は感じられない。

それぞれの判断でどうぞ。

それでは ごきげんよう

source:
au STAR|au

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>